pdfeditor-knowledge’s diary

PDF関連知識をご紹介

PDFページで余白を変えるには?ツールで手軽に変換する方法を解説

 はじめに

 

pdfの余白を変える


チラシやポスターデータをPDFで受け取り、表示すると余白ができてしまう経験をした方は多いのではないでしょうか。

 

チラシやポスターに余白があるとデザインもイマイチになりかねません。

今回は、PDFページで余白ができてしまった場合に余白を変える方法を解説します。

 

PDF編集に便利なソフトウェアも紹介するので、ぜひご覧ください。

 

 

目次:

1.PDFページの余白を変えるにはWondershareの「PDFelement」

 

pdfelementでpdf

WondershareのPDF編集ソフトウェア「PDFelement」は、PDFの作成や編集と変換といった作業を完結できるオールインワンのPDF編集ソフトウェアです。

 

PDFの余白変更も簡単に行えるPDFelementのメリットとデメリットを紹介します。

 

メリット デメリット
・買い切り(永久ライセンス)がある
・有料版だとOCR技術を使用できるので、画像からテキストを抽出できる
・余白変更はトリミングすると簡単
・無料版はPDFに透かしが入る
・ファイルの保存ができない
・試用版だと使える機能が少ない
・月額プランがない

 

PDFelementの特徴を1つずつ見ていきましょう。

 

 ポイント1.インストール型なので安全

PDFの編集ソフトウェアはオンラインで変換できるものもありますが、オンラインでファイルをアップロードしなくてはなりません。

個人利用ではなく会社の仕事で利用したい場合、資料によっては機密保持が必要な書類もあるでしょう。

そのような書類を編集・変換するにはオンラインでの操作はセキュリティ面に不安があります。

インストール型のPDFelementなら、1台のパソコン内で操作が完結するので安心です。

 

ポイント2.ページ余白を変えるのも簡単

PDFの余白を変更するのも簡単です。

トリミングをクリックし、必要なところを切り抜きするだけで完了します。

ただしPDFファイルでは余白が無いように見えますが、複合機などプリンタの種類により印刷時に余白ができるケースもあります。

複合機やインクジェットプリンタなど、印刷で使用するプリンタごとに設定は必ず確認しましょう。

 

2.PDF編集に便利なそのほかのソフトウェア3選

 

PDFページの余白を変えるのに適したPDF編集ツールを、ここでは3つ紹介します。

 

EaseUS PDF Editor PDFの変換が1クリックで実現可能なオールインワンソフト
Foxit PDF Editor 電子署名や暗号化などPDFのセキュリティ保護に長けたPDFエディターソフト
JUST PDF 5 Pro 電子印鑑や電子署名にも対応しており、電子契約でも便利に使えるPDF編集ソフト

 

それぞれダウンロードして使えるため、ビジネス利用にも対応しているソフトウェアです。

 

3.PDFページの余白を変える方法|PDFelement編

 

pdfelementでpdfページの余白を変える

続いてPDFelementを利用してPDFページの余白を変える方法を2つ紹介します。

 

  • PDFの余白を広げる方法
  • PDFの余白を狭くする方法

 

1つずつ見ていきましょう。

 

 PDFの余白を広げる 

PDFelementで編集したいPDFファイルを開き、「ページ」タブをクリックしましょう。

編集したいPDFページをマウスで右クリックして「ページボックス」を開くと余白調整が可能です。

 

そのほかのツールをクリックしても「ページボックス」は表示されます。

あくまでもPDFelement上での余白調整なので、印刷する際はスケールを調整しなくてはなりません。

 

 PDFの余白を狭くする方法

PDFelementでPDFの余白を狭くする方法は、以下の5ステップです。

 

  1. PDFelementでPDFファイルを開きます。
  2. 続いて、「ツール」タブの「トリミング」をクリックしましょう。
  3. 中央下部の「><」ボタンをクリックし、「印刷モード」を表示させる
  4. 「クロップマージン」の「上下左右」の数値を設定
  5. 右側に表示された画像の青線をドラッグして調整

 

PDFelementでは、トリミングするページ範囲を設定できます。

保存ボタンを押さないと変更したデータが反映されないので注意しましょう。

 

4.専用ツールを使わずにPDFの余白を変える2つの方法

 

PDFの変換ツールを使用せずにPDFの余白を設定する方法をは、以下の2つです。

 

  • 余白設定をゼロにして印刷する
  • 拡大印刷をする

 

専用ツールを使用しなくてもPDFの余白の変更は変更できます。

しかし、余白を変更したPDFを印刷するにはプリンタの設定が必要です。

方法を1つずつ見ていきましょう。

 

 方法その1.余白設定をゼロにして印刷する

印刷時に余白を0にする設定を行えば、余白を少なくできます。

印刷物によっては行のずれやレイアウトが崩れてしまう点には、注意が必要です。

 

なお、業務用で使用している複合機では、余白ゼロのフチ無し印刷はできません。

インクジェット複合機であれば、フチ無しで印刷ができます。

その理由は、トナーを定着させる方法が異なるからです。

 

 方法その2.拡大印刷をする

PDFの画像なら、拡大印刷で余白を無くす方法も適用できます。

ただし、PDFに画像ファイルが含まれる場合には、画質や解像度の問題で印刷が荒くなりがちな点に注意しなければなりません。

 

インクジェット複合機を使用するなら、余白設定をゼロにして印刷しましょう。

 

5.PDFのページ余白はなぜ必要?

 

PDFのページに余白が必要な理由は、以下の3つです。

 

  1. ヘッダー・フッターや番号を配置しやすくなる
  2. 圧迫感を減らし見やすい文書を作る
  3. 文書にコメントを入れやすくなる

 

PDF文書の場合余白がないと読みづらい文章になってしまうので、余白を設定し作成しましょう。

 

まとめ:PDFのページ余白を変えると文書が見やすくなり便利!

 

デザインツールで作成されたデータをPDFで受け取り、いざ印刷するときに余白があると困ります。

PDFを印刷するときプリンタの設定によっては、完全に余白を除去するのは難しいかもしれません。

 

そのような悩みを解決するには、有料のPDF編集ツールを使いましょう。

PDFelementを使えば、余白の調整も簡単です。

無料試用版もあるので、使い勝手を確かめるためにぜひ以下からダウンロードしてはいかがでしょうか。

 

           【PDFelementのダウンロードはこちら】

 

PDFファイルをQRコードで手軽に共有 | 便利なツールも紹介

 はじめに

PDFファイルを共有するときメールで送付すると、データが丸見えになります。

パソコンだと簡単に閲覧できますが、スマートフォンだと少し煩わしさを感じる可能性もあるでしょう。

最近ではPDFファイルを安全に共有する方法として、QRコードが利用されるようになりました。

そこで本記事ではまず、PDFファイルをQRコードで共有する方法やメリットを紹介します。

さらにQRコードの生成方法や便利なツールも紹介しますのでぜひご覧ください。

 

 

目次:

1.QRコードを作成しPDFを共有する手順

 

QRコードでPDFファイルを共有

QRコードでPDFファイルを共有

まず、QRコードを作成しPDFを共有する手順を5段階に分けて解説します。

  1. 共有したいファイルをWeb上にアップロード
  2. アップロード先のURLを取得する
  3. 専用のツールやサイトでQRコードを作成する
  4. 最新版「PDFelement」では共有時にQRコードを作成できる
  5. 完成した画像を相手に送付する

1つずつ見ていきましょう。

 1.共有したいファイルをWeb上にアップロード

まず、共有したいPDFファイルをWebサイトやオンラインストレージにアップロードしましょう。

Googleアカウントを取得しているのであれば、Googleドライブ上にアップロードするのが簡単な方法です。

 2.アップロード先のURLを取得する

続いてファイルのアップロード先のURLを取得しましょう。

  • Webサイト:アドレスバーのURLをチェック
  • オンラインストレージ:ファイルをクリックしてアドレスバーURLをチェック

PDFファイルをアップロード先のURLを確認してください。

 3.専用のツールやサイトでQRコードを作成する

PDFファイルをアップロードしたURLを確認したあと、QRコードを作成しましょう。

QRコードを作成するサイトはオンライン上で無料のサービスがあります。

無料でQRコードを作成できるサイトを紹介します。

サイト名 サイトURL
QRコード作成サイト/無料版 https://qr.quel.jp/
クルクルManager https://m.qrqrq.com/

これらは無料で手軽にQRコードを作成できるので便利です。

 4.最新版「PDFelement」では共有時にQRコードを作成 

PDFelementの最新版のバージョン9では、PDFファイルを共有する方法が3種類あります。

まずPDFelementを開き、右上の「矢印マーク」をクリックしましょう。

その後は以下いずれかの方法で、QRコードを作成します。

 

リンク

・リンクを作成してファイルを共有

・PDFファイルを開いている状態で開くとリンクは自動作成されます

モバイル

・モバイルをクリックするとQRコードが自動作成されます

メール

・メールクライアント、OutlookThunderbirdのメールソフトをクリックするとメールでPDFファイルを送付します。

ご自身の行いやすい方法で、QRコードを作成してください。

 5.完成した画像を相手に送付する

QR作成サイトでQRコードを作成すると画像形式で保管されます。

共有したい相手に、画像形式となったQRコードを送付しましょう。

メールや印刷表示するなどの方法で、QRコードは共有できます。

 

2.PDFをQRコードで共有する目的とメリット

 

PDFファイルをQRコードにすれば、スマートフォンなどで手軽に共有できます。

ここでは、QRコードでPDFを共有する目的・メリットを解説するのでぜひご覧ください。

 PDFをQRコードで共有する目的はなに?

PDFをQRコードで共有する目的は、情報漏洩のリスクの高いPDFファイルを安全に共有するのが目的です。

オンラインストレージにアップロードしている情報は、誰でも閲覧できるわけではないためセキュリティ面でも安心できます。

PDFを印刷して配布するよりQRコードで共有すれば、時間のあるときにスマートフォンで閲覧できるのもうれしいポイントです。

なお、特に情報漏洩のリスクが高いPDFファイルは、資格取得のデジタル証明書(eラーニング)やコンサートなどのチケットなどの個人を特定できるものです。

 QRコードを共有するメリットはなに?

QRコードで共有すると受け取ったユーザーは読みやすいタイミングでクリックできます。

ブックマークやあとで読むリストに追加し、保管してもらえる可能性が高まるでしょう。

QR作成サイトによっては、送付したQRコードの閲覧数を取得できるサイトもあるので、情報収集も可能です。

 

3.PDFのQRコード共有なら「PDFelement」

 

PDFファイルをQRコードで共有

PDFのQRコード共有ならPDFelementが便利です。

QRコード共有以外にもさまざまなメリットがあります。

主な特徴は、以下の2つです。

  • 読み取り専用のPDFでも編集可能
  • データ抽出や一括処理も簡単

そのほかPDFを開いた状態で共有をクリックするとリンクとQRコードが1クリックで作成できるのも優れているポイントです。

各特徴を詳しく解説します。

読み取り専用のPDFでも編集可能

読み取り専用で編集不可のPDFでも一度Word文書に変換する必要がありますが、PDFの編集ができます。PDFelementでは、クリック1回でPDFをWordに変換できます。

PDFelement右上をクリックすると、PDFファイルをWordやPower Point、Excelファイルに変換できます。

 データ抽出や一括処理も簡単

PDFlelementにはOCR機能が付いているので、PDFファイルのフォームやテキスト、画像などのアイテムの取り出しも簡単です。

画像の中に含まれるテキストやグラフのデータもOCR機能を使うと簡単に抽出できます。

PDFに含まれる画像データを取り込みできるPDF編集ソフトはそれほど多くありません。

 

まとめ:PDFをQRコードにすればセキュリティ機能が向上する!

 

PDFファイルをQRコードで共有

PDFファイルをそのまま共有するとデータの漏洩が心配な方も、いるのではないでしょうか。

パソコンやスマートフォンなど複数のデバイスで閲覧する方も多いでしょう。

QRコードを使えば、ファイルをアップロードしたWebサイトやオンラインストレージサイトにアクセスしダウンロードするため、セキュリティレベルが上がります。

WondershareのPDFelementは、PDFの編集だけでなく、データや画像だけを取り出すのも簡単です。

データの共有にはQRコードをもっと活用しましょう。

                                   【PDFelementのダウンロードはこちら】

PDFをExcelに変換する方法と利用できるソフトウェアを紹介

 はじめに

 

pdfをエクセルに変換する方法とソフト

提案資料を作成するとき、会社の資料を元にデータを作成する機会が多いのではないでしょうか。

会社資料は改変されないようにPDFで配布されているため、表形式になっているデータをExcelに変換するのに苦労していませんか?

今回の記事ではPDFをExcelに変換する方法と、手軽に変換できるフリーソフトや有料ソフトウェアを紹介します。

PDFのデータ変換に苦労されている方は、ぜひご覧ください。

 

目次:

1.PDFをExcelに変換するならWondershareの「PDFelement」

 

PDFelementでpdfをエクセルに変換

PDFをExcelに変換できるWondershareの「PDFelement」は、さまざまなファイル形式に変換できるソフトウェアです。

PDFelementを導入するメリットとデメリットを紹介します。

メリット デメリット
競合ソフトに比べて利用料金が安価 PDFをスキャンしたファイルは有料版でないと変換できない
OCR機能は有料版のみ
PDFから変換できるファイル形式が豊富 無料版の変換にはファイルに透かしが入ってしまった

 

無料版もありますが一部機能の制限と、データに透かしが入ります。利用して使い勝手がよければ有料版に切り替えるとよいでしょう。

 メリット1.パソコンとスマホなど複数デバイスで使える

パソコンだけでなく、iOSAndroidでも使用可能で、手軽に利用できるのがメリットです。

それぞれのデバイスごとにソフトウェアのダウンロード方法が異なります。

デスクトップ版(パソコン用) Windows
Mac
アプリ iOS
Android
cloud(クラウド環境) ドキュメントクラウド

 

パソコンやスマートフォンなど複数デバイスで使えるのは便利です。

 メリット2.OCR機能を使うとExcelで編集可能 

PDFelementには有料版のみの機能ですが、OCR機能が備わっています。

OCRとは「光学式文字認識」の略語で、画像や文書内のテキストを認識する技術です。

PDFelementはOCR技術が内蔵されているため、ファイル形式はPDFでも中身は画像でも、図形・キャプション・文字情報の読み取りが可能です。

PDFに掲載されている言語は多言語でも選択して認識できます。

 継続使用なら制限なしの有料版を使おう

OCR機能は、試用版にはありません。

PDFのファイルをWordやExcelに変換しても、従来のPDF編集ソフトの場合、画像は変換できないためデータが揃わない場合も多々あります。

試用版はPDF変換データに透かしが入ってしまうのもデメリットです。

継続して使用するなら、OCR機能も含まれている機能制限のない有料版へアップグレードを検討しましょう。

 

2.専用ソフトを使わずにPDFをExcelに変換する方法2つ

 

PDFをExcelに変換する専用ソフト(無料・有料)を使わずに変換する方法を2つ紹介します。

  1. Officeソフトで変換
  2. Adobe Acrobatで変換

1つずつ見ていきましょう。

 1.Officeソフトで変換

OfficeのWordでPDFを開くと、編集可能なWord文書に変換します。

テキストは編集可能ですが文字の表示位置がずれており、フォントが変わります。

完全にPDFの編集ができるわけではないのです。

 2.Adobe Acrobatで変換 

Abode Creative Cloudに含まれているAcrobatでPDFを開いて直接編集する方法もあります。

こちらもWordと同様、画像形式のものは編集できません。

しかし、Wordと異なりAdobeはデザインツールであるため、フォントの種類は豊富です。

そのため、PDFファイルとほぼ同様のテキストフォントが表示されます。

 

3.PDFをExcelに変換するフリーソフトウェア3選

 

PDFをExcelに変換するフリーソフトウェアを3つ紹介します。

  1. cleverpdf
  2. hiPDF
  3. lovePDF

それぞれの特徴を紹介しますので、1つずつ見ていきましょう。

 1.cleverpdf

CleverPDFでPDFをExcel化

CleverPDFでPDFをExcel

44のパワフルなオンラインで利用できるソフトウェアで、無料で利用できます。

PDFはExcelだけでなく画像変換や抽出機能も付いています。

PDFとWordやExcelPowerPointの相互変換、PDFと画像ファイルの相互変換など40を超えるユーティリティを利用できるオンラインPDFソフトウェアです。

画像ファイルはJpgやPngBMPTIFFなど多数のファイルに対応します。

PDFの編集だけでなく結合や分割などにも対応可能です。

変換のためにアップロードしたファイルは、30分後に自動削除もしくは自分でサーバーから削除できます。

 2.HiPDF

HiPDFでPDFをExcelに変換

HiPDFでPDFをExcelに変換

PDFをExcelに変換するだけでなく、パワーポイントやHTMLにも変換できるソリューションです。

WondershareのPDFelementはインストールして利用しますが、hiPDFはオンラインでPDFの編集が可能です。

ファイルをオンライン上にアップロードするため、重要書類の変換はセキュリティを考えると難しいでしょう。

 3.ilovePDF

iLovePDFでPDFをエクセルに変換

iLovePDFでPDFをエクセルに変換

完全無料のオンラインで利用できるPDFツールです。

結合から分割や圧縮まで対応できます。

PDFは画像にもでき、インターネットサイト上で完結するためインストール不要です。

PDFを別のファイル形式に変更・Officeソフトや画像ファイルからPDFに変換の両方の操作が可能です。

無料で利用できる点は、ほか2つのソフトウェアと変わりません。

しかし、オンラインツールのため、会社の機密書類やビジネス書類を変換するリスクは高めです。

 

まとめ:PDFをExcelに変換するフリーソフトを活用しよう

PDFをエクセルに変換

PDFをExcelに変換できるフリーソフトは多く存在しており、無料でも利用できます。

とはいえ、すべてのPDFを無料のフリーソフトで変換できるわけではありません。

オンライン上で手軽に変換できるサイトもありますが、変換したい書類が重要書類の場合の対応は難しいでしょう。

個人情報を含む書類もオンラインでデータのやり取りをするのは不安が残ります。

PDFをExcel化する仕事の多い方はぜひPDFelementをダウンロードし、画像情報も変換して効率よく資料作成をしましょう。

 

           【PDFelementのダウンロードはこちら】

【編集可能】拡張子「pages」をWindowsで開く方法

 はじめに

 

pagesをWindowsで開く方法

多くの企業と取引していると送付されるファイルの拡張子が、pagesです。

この拡張子が、Windowsでは読み込めなかったという経験はありませんか。

この記事では、拡張子が「pages」でもWindowsでカンタンに開く方法を紹介します。

PDF編集アプリケーションを使えば、Windowsでも「pages」形式のファイルを開き、編集可能な状態へ変えられるでしょう。

拡張子の変換に悩まない、スムーズに書類の確認&編集ができる仕事環境に整えてみませんか?

 

 

 

目次:

1.拡張子「pages」とは

 

拡張子「pages」は、Apple社が開発した文書作成アプリケーション専用のファイル形式です。

PagesはMaciPadiPhoneに対応し、AppStoreからダウンロードが可能です。

MicrosoftOfficeのWordと同じように文書や表の作成、イメージの挿入ができます。

しかし、PagesはApple社のアプリケーションのため、Windowsでの使用ができません。

そのためWindowsで「pages」形式のファイルを開いたり、編集をしたりするには工夫が必要になります。

 

2.PDFelementを使えばpagesをWindowsでも編集可能に

 

PDFelementでPages形式のファイルを開く

PDFelementでPages形式のファイルを開く

Windowsでpages形式のファイルを開きたいときに「PDFelement」が役に立ちます。PDFelementはPDF編集に特化したアプリケーションです。

多機能なPDFelementの特徴を以下3つのポイントにまとめて紹介します。

 

  1. PDFデータをドキュメント編集できる
  2. PDF結合機能搭載
  3. PDFelementならpagesをWord形式で保存もできる

 

さまざまな形式の文書やデータの取り扱いにストレスを感じるなら、PDFelementの導入を検討してみるとよいでしょう。

① PDFデータをドキュメント編集できる

PDFは作成された文書やデータを使用環境に依存せず、レイアウトを保持したまま表示できるファイル形式です。

PDFファイルをドキュメント編集するには、アプリケーションが必要です。

PDFelementでは、PDFファイルの読み取りから編集、任意のファイル形式へ再度保存できます。

編集画面はとてもシンプルなので、操作も簡単に行えるでしょう。

 

② PDF結合機能も搭載

バラバラの書類を1つにまとめたいときには、PDFelementに搭載された結合機能が役に立ちます。

保存形式が違うファイルも同一PDFファイルに保存可能です。

また、PDFを結合するとファイルサイズが大きくなりメールに添付ができない場合もあります。

このようなときには、PDFelementの圧縮機能の利用が最適です。

PDFelementは、PDFをさまざまな形で活用できる環境へ進化させます。

 

③ PDFelementならpagesをWord形式で保存もできる

PDFelementを使えば、pagesファイルをWord形式の拡張子に変換、保存もできるようになります。

PDFelement試用版のダウンロードで、ワンダーシェアの会員登録をすると7日間のトライアルが可能です。

トライアル期間中は、3ページ分のpagesファイルをWord形式に変換できます。

 

3.PDFelementを使ってpagesを開く方法

 

PDFelementでPages形式のファイルを開く

PDFelementでPages形式のファイルを開く

PDFelementを使うには、まずダウンロードしたソフトを起動しましょう。

ホーム画面には、PDF変換に使用する各種ツールが表示されます。

使用頻度の高いツールにカスタマイズも可能です。

ホーム画面に表示された「開く」をダブルクリックして、表示したいpagesファイルを選びます。

開きたいpagesファイルをPDFelementにドラッグ&ドロップでも、表示が可能です。

表示されたPDFファイルのテキスト編集・画像の挿入や削除・リンクの設定もこのソフトウェアでは可能です。

画面右側に表示されるアイコンから、保存形式を選べます。

 

4.アプリを使わずにpagesを開く方法

専用のアプリケーションを使わず、pagesファイルを開く2種類の方法を紹介します。

  1. 拡張子を「zip」に変更してファイルを開く
  2. iCloudからpagesファイルを開く

pagesファイルの表示は、開き方により変わりますので用途に合わせた方法を選びましょう。

① 拡張子を「zip」に変更して画像ファイルに

書類の編集はせずに内容のみを確認したい場合は、拡張子を「zip」に変更し、ファイルを開きましょう。

拡張子をzip形式に変更すると、イメージファイルと認識し、内容の確認ができるようになります 。

ただし、イメージファイルに変換されるため、テキストや画像の編集といったファイル内容の変更はできません。

② iCloudからpagesを開く

iCloud用Pagesを利用したファイルの読み込みも可能です。

あらかじめApple IDを取得し、iCloudのダウンロードまたはiCloudが読み込めるブラウザを利用します。

iCloudにあるPagesへ書類をドラッグ&ドロップで、書類の内容を読み込みましょう。

iCloudを経由してPagesを利用するので、テキストや画像の編集も可能です。

 

まとめ|PDFelementを使って拡張子の変換をカンタンに

 

pagesをWindowsで開く方法

pagesファイルをWindowsで開く方法

拡張子「pages」をWindowsでも開く方法を紹介しました。

PDFelementを利用すれば、簡単にpagesファイルを開き、各種編集、お好みの形式で保存ができます。

PDFelementは買い切りのアプリケーションで、お求めやすい価格から購入でき、コストも抑えられます。

また、標準版・プロ版、個人・学校や企業利用などプランの選択も可能です。

まずは無料ダウンロード&ワンダーシェアへの会員登録を行い、PDFelementを利用しませんか?

                                      【PDFelementのダウンロードはこちら】

 

 

Outlookユーザー必見!メールをPDF保存する方法を解説

 はじめに

Outlookにメールが溜まっていて、PDFファイルとしてバックアップを取りたい」

Outlookに届いたメールを永久的に保存しておきたい」

上記のように考えている方も、きっと多いでしょう。

 

この記事では、OutlookメールをPDF化して保存する方法を解説します。

OutlookメールをPDF化したい方は、本記事をぜひ、ご覧ください。

 

 

目次:

1.OutlookメールをPDFで保存する方法

 

OutlookメールでPDFを保存する

ここでは、OutlookメールをPDFとして保存する以下3つの方法を解説します。

 

  • Adobe Acrobatを使う
  • msg変換でPDF保存する
  • プリンター経由で保存する

 

ここで解説した保存方法の中から、自分に適した方法を選びましょう

各項目を、詳しく解説します。

 

Adobe Acrobatを使う 

Adobe AcrobatOutlookメールをPDFで保存する手順は、以下のとおりです。

 

  1. Adobe Acrobatをインストールする
  2. Outlookを起動する
  3. ツールバー上のAdobe Acrobatをクリックしタブを表示させる
  4. 「選択されたフォルダ」をクリックし変換したいメールを選ぶ
  5. 処理が開始されメールがPDF形式に変換される

 

Adobe Acrobatがあれば手間をかけずPDF化が可能ですが、現在Adobe Acrobat XIへのすべての製品アップデートは終了しています。

そのため、製品に関するサポートは一切受けられない点には注意しましょう。

 

msg変換でPDF保存する 

Outlookメールをmsgに変換してPDF保存する方法は、以下のとおりです。

 

  1. Outlookを立ち上げる
  2. ファイル→名前を付けて保存を選択する
  3. msg形式を選択し保存
  4. 変換ソフトウェアを使いmsgファイルをPDFに変換する

 

変換ソフトをダウンロードすれば、簡単にメールをPDF化できるでしょう。

msg形式のファイルをPDF変換するソフトには、ワンダーシェアの「PDFelement」などがあります。

 

プリンター経由で保存する

ソフトウェア「Adobe PDF」を使えば、Outlookメールを印刷機能経由で保存できます。

  1. Outlookメールを開く
  2. プリンター箇所を「Adobe PDF」に設定し印刷する
  3. 開いたメールを「名前をつけて保存」する
  4. 印刷指定したメッセージがPDFとして保存される

 

なお、この方法はプリンターを持っていない場合にも実行できます。

 

2.OutlookメールをPDF化できないなら「PDFelement」を使おう

 

PDFelementでOutlookメールをpdf化

PDFelementでOutlookメールをpdf化

先ほどまでOutlookメールをPDF化する方法を解説してきました。

しかし、これらの手段の多くは手間がかかり操作の順番を覚える必要もあるため、初心者には適していないケースも多いです。

 

「操作が面倒……もっと気軽にメールをPDFに変換したい!」

そう感じた方は、ワンダーシェア社の「PDFelement」を使いましょう。

 

ここではPDFelementの特徴を3つ解説します。

ソフトの便利機能や価格の紹介などを行うので、メールを簡単にPDF形式へ変えたい方はぜひご覧ください。

 

特徴① PDF編集がソフト1本で   

PDFelementがあれば、以下のようなPDF編集はほぼすべて実行できます。

 

  • 文書感覚でPDFの編集ができる
  • Word・ExcelPNG・JPGなどからPDFへの変換が変換
  • PDFのページを結合・分割できる
  • OCR機能や注釈の追加が可能 

 

ほかのソフトとわざわざ併用する必要がないため、PDFの編集を行いたい方には適したツールだといえるでしょう。

 

特徴② 使い切りプラン用意で1年のみの利用も可能

 

PDFelementには、1年だけの使用に適した7,280円から使える使い切りプランもあります。必要な年度にだけ導入するのも可能なため、費用をうまく抑えられるでしょう。気に入って継続利用をしたくなったら、9,980円から使える買い切りタイプの購入も可能です。 

 

登録を行えば無料版よりも製品版に近い、無料トライアル版を14日間試用できるのも魅力です。

製品版に近い機能を気軽に試しやすいため、利用すればより導入を検討しやすくなるでしょう。

 

特徴③ 使い方が分からなくても動画アシストで安心

「PDFelement」には、使い方がわからないときに動画でアシストしてくれる機能が搭載されています。

公式サイトでソフトの使い方を説明しているので、初めて使用する方でも簡単に機能を理解可能です。

PDFelementは、ワンクリックで気軽に操作できるよう工夫して作られたソフトです。

他社のソフトウェアのように専門性がないと使えない事がないため、購入しても操作ができず後悔……といった事態は少ないといえるでしょう。

 

3.Outlookメールが開かない!PDF保存する方法|PDFelement

 

PDFelementでOutlookメールをPDF保存する方法は、以下の4ステップで実行できます。

 

  1. Outlookメールを開く
  2. プリンター箇所を「PDFElement」に設定し印刷する
  3. 開いたメールを「名前をつけて保存」する
  4. 印刷指定したメッセージがPDFとして保存される

 

この方法は、先ほど紹介した「印刷を利用してメールをPDFにする」方法に当てはまります。

msgに変えたメールを変換する方法でも、PDEelementによる変換は可能です。

 

まとめ:OutlookメールをPDF保存する方法はさまざ

 

OutlookメールをPDF化して保存する

OutlookメールをPDF化して保存する

OutlookメールをPDFとして保存する場合は、ソフトウェア利用・プリンター経由の保存などさまざまです。

OutlookメールをPDF化したい方は、本記事をぜひ参考にしてください。

 

PDFelementであればほかの保存方法よりも、OUtlookメールを簡単にPDF化できます。

以下からダウンロードできるので、気になる方はぜひソフトを無料でお試しください。

登録を行えば製品版と近い性能の、無料トライアル版もお試し可能です。

 

           【PDFelementをダウンロードする】

ExcelをスマホでPDF変換できる方法は?【誰でも簡単に可能】

 はじめに

スマホでエクセルをpdf化

「手軽にスマホExcelをPDF変換したい」

スマホExcelをPDF変換できるの?」

そう考えている方も、きっと多いでしょう。

 

そこで今回は、スマホExcelをPDF変換できるソフトをご紹介します。

ExcelをPDF変換する方法が分からずに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

 

 

目次:

1.スマホExcelをPDF変換できるソフト3選

 

はじめに、スマホでも利用できるExcelをPDFに変換するソフトを3つ紹介します。

なお、ここでご紹介するソフトは、どれもパソコンでも使用可能です。

スマホとパソコン、使いやすいほうでご利用ください。

 

Adobe Acrobat DC/様々なデバイスで利用可能

Acrobatでエクセルをpdf化

 Adobe Acrobat DCは、PDFを開発した「アドビ」が提供しているPDF編集ソフトです。

パソコン・スマホといろいろなデバイスで使え、シンプルな操作性なので初心者にも気軽に使えます。

 

無料版と有料版があり、無料版はPDFドキュメントの閲覧・印刷・注釈が可能です。有料版は月々1,580円から利用できます。

PDFのテキストや画像の編集・ページの並べ替え・削除や、PDFをWordやExceにl変換できます。

 

なお、ExcelをPDFに変換するだけなら、無料版でも機能は十分です。

まず無料版をまずダウンロードし、機能に物足りなさを感じたら有料版を購入しましょう。

 

 Small pdf/Excel以外もPDF化できる 

SmallPDFでエクセルをpdf化

Small pdfはファイルをアップロードするだけですぐに編集が可能な、初心者でも気軽に使いやすいアプリ・ソフトウェアです。

また、ExcelだけでなくWord・Power point・JPEGにも対応しているので、いろいろな使い方ができるでしょう。

このソフトは、無料プランに1日あたりの使用回数制限があります。

まずは無料プランを使用し、有料プランの契約を検討しましょう。

 

Clerver PDF/16言語に対応している

ClerverPDFでエクセルをpdf化

Clerver PDFは、16言語に対応している無料のブラウザソフトです。

そして、最大の特徴である16言語対応を活用すれば、海外の方とファイルをやり取りしたり共有したりする際に大変便利です。

ExcelをPDFに変換するだけでなく、PDFをExcelに変える作業もできます。

Wordや画像ファイルもPDF化できるので、幅広い用途で使えるでしょう。

圧縮・結合・ロック解除などもできるので、PDFを無料で編集できるソフトを探している方にも便利です。

 

2.スマホExcelをPDF変換する場合の手順

スマホでエクセルをPDFに変換する手順

スマホExcelをPDF変換する手順は、以下の3ステップです。

 

  1. ソフトウェアをダウンロードする
  2. PDFファイルをアップロードする
  3. 「変換」をクリックしてExcelファイルに書き出しする

 

ExcelをPDFに変換したい場合はExcelファイルを選択し、変換フォーマットをPDFにしましょう。

なお、ソフトによってはPDFを他のファイルに変換するのも可能です。

 

3.ExcelのPDF変換ならPDFelement|スマホアプリより扱いやすい!

 

PDFelementでエクセルをpdf化

現在のスマホはとても高機能で、ほぼパソコン同様の機能が使えます。

Excelスマホで使っている方もいるでしょう。

しかし、Excelを活用するツールは、ほとんどがパソコンです。

 

ここでは、ダウンロード無料のパソコンで使えるPDF変換ソフト「PDFelement」の魅力を紹介します。

 

 特徴① ワンクリックで変換可能

「PDFelement」最大の特徴は、ワンクリックで変換可能な点です。

ややこしい操作は必要ないため、初めてPDF変換ソフトを使う方でも直感的に使えます。

忙しい時でもスムーズにExcelからPDFへ変換が可能なので、ストレスもありません。

画像の追加なども、ワンクリックで気軽にできます。

 

特徴② PDFにさまざまな編集ができる

ExcelやWordといったファイルをPDFに変換するだけでなく、PDFを直接編集も可能です。

文章の追加、画像の移動、背景色の変更なども自由自在にできるでしょう。

PDFの編集ができないと、いちいち別のファイルで編集を行なって改めてPDFに変換する手間が生じます。

「PDFelement」なら、相手方から送られてきたPDFも自由自在に編集ができ、手間がかかりません。

ビジネスの手間が省け、できる事がぐんと広がるでしょう。

 

 特徴③ リーズナブルな価格で利用可能

PDFelementには無料体験版もありますが、リーズナブルな価格でサブスクが可能です。

個人向け・法人向け・教育向けの3種類のプランを、1年間3,000円台から利用できます。

1か月1,000円未満で多機能のPDF編集ソフトが使えるのは大変魅力的です。

使いたい年だけ契約する使用法も可能です。

無料トライアル版もあるので、気になる方はまずは試しに使ってみましょう。

 

まとめ:スマホよりも簡単にExcelをPDF変換!PDFelementをお試しください

 

スマホExcelをPDF変換する場合は、Adobe Acrobat DCやSmall pdfなどさまざまなソフトを使用して変換できます。

また、スピーディーにExcelをPDF変換したいのであれば「PDFelement」を使用してください。

ExcelスマホでPDF変換できる方法が分からない方は、ぜひ本記事を参考にしましょう。

今すぐ「Wondershare PDFelement」をダウンロードする

 

無料の翻訳アプリ人気10選|写真・カメラ・音声認識・文書内も

 はじめに

 

引用元 https://pixabay.com/photos/different-language-international-7389469/

メールや文書の翻訳のほか、旅行でも便利な翻訳アプリ。

カメラでスキャンした文字や音声から翻訳できるアプリもあり、どれが自分に合っているのか迷ってしまう方も多いでしょう。

この記事では、無料の人気翻訳アプリ10種類をピックアップしました。

PDF内でそのまま翻訳できる有料アプリも併せて紹介します。

さまざまな翻訳アプリから用途に合ったものを見つけられるので、ぜひアプリ選びの参考にしてください。

 

 

目次:

1.翻訳アプリの機能の選び方

 

引用元 https://unsplash.com/ja/%E5%86%99%E7%9C%9F/70ku6P7kgmc

翻訳アプリを選ぶ際にまず確認したいポイントは「翻訳する際の方法」です。テキスト・画像・カメラ・音声などから翻訳をするパターンなどがあります。

それぞれのパターンについて解説します。

①テキストから翻訳

 

翻訳したい文章を入力して変換ボタンを押すと、翻訳後の文章を表示できる機能です。

メールや長文の翻訳に向いています。

テキストデータがあればコピー&ペーストで簡単に翻訳ができます。

②画像から翻訳

 

保存した画像の文字を翻訳する機能です。

その場で撮影して翻訳できるので、文字を入力する手間がかかりません。

撮影しておき、後から翻訳する場合にも使えます。

③カメラから翻訳

 

カメラをかざすだけで翻訳ができる機能です。

リアルタイムですぐに内容がわかるので、以下のような内容を即座に理解するのに便利です。

  • レストランでのメニュー
  • 買い物時の説明
  • インフォメーションボード

文書の文字を一気に翻訳したいときには、カメラ翻訳がおすすめです。

④音声から翻訳

 

会話中など、リアルタイムで翻訳が必要なシーンで活躍するのが、音声による翻訳機能です。

旅行中の買い物や飲食店などで利用すれば、スムーズなコミュニケーションがとれるでしょう。

2.無料の人気翻訳アプリ10選

 

引用元 https://unsplash.com/ja/%E5%86%99%E7%9C%9F/Gd6hKygUGi8

無料で利用できる翻訳アプリのなかから、おすすめのものを10種ピックアップしました。

翻訳機能の種類・対応OSも記載しますので、お気に入りのアプリを選ぶ際の参考にしてください。

Google 翻訳

 

引用元:Google Play「Google 翻訳」

リアルタイム翻訳が利用でき、オフラインでも使用できるアプリ。

テキストやカメラ、音声など幅広い使い方が可能です。

対応OS

iOSAndroid

翻訳機能

テキスト・画像・カメラ・音声など

②Papago

 

引用元:App store「Papago」

日常会話表現が収録されており、旅行での使用にも便利なアプリ。

口語のような、なめらかで伝わりやすい翻訳ができるのが魅力です。

対応OS

iOSAndroid

翻訳機能

テキスト・画像・音声など

③DeepL翻訳

 

引用元:Google Play「DeepL翻訳」

スピーディーで高精度、自然な日本語に翻訳ができるアプリ。

ブラウザ版・デスクトップ版・モバイルアプリなど幅広いOSに対応しています。

対応OS

iOSAndroid・PC

翻訳機能

テキスト・画像・音声など

④Translate Less

 

引用元:Google Play「Translate Less」

複数の翻訳モードで素早く翻訳ができるアプリ。

シンプルなつくりのため、翻訳アプリを使った経験がない方にもおすすめです。

対応OS

Android

翻訳機能

テキスト・画像・音声など

⑤今すぐ翻訳

 

引用元:App store「今すぐ翻訳」

AR機能搭載で、カメラに写した「もの」の名前も翻訳できるアプリ。

無料アプリとしては非常に多い、110言語以上の翻訳が可能です。

対応OS

iOS

翻訳機能

テキスト・画像・カメラ・音声など

⑥VoiceTra

 

引用元:Google Play「VoiceTra」

話しかけると音声翻訳をしてくれる、音声翻訳アプリ。

再翻訳機能を使い、結果に誤りがないかのチェックもできます。

対応OS

iOSAndroid

翻訳機能

音声・テキストなど

⑦ミラクル音声翻訳機 - 70言語以上対応

 

引用元:Google Play「ミラクル音声翻訳機」

音声翻訳に特化しているので、画面も操作もシンプル。

70言語以上を素早くボタン一つで翻訳できるので、リアルタイムの会話に便利です。

対応OS

iOSAndroid

翻訳機能

音声

Microsoft 翻訳

 

引用元:Google Play「Microsoft 翻訳」

シンプルで見やすい画面が特徴の翻訳アプリ。

画面分割モードが搭載されており、複数人で会話するのに便利です。

対応OS

iOSAndroid

翻訳機能

テキスト・画像・音声など

⑨SayHi翻訳

 

引用元:Google Play「SayHi翻訳」

スマホに話しかけると、すぐに翻訳結果を出してくれる音声特化型アプリ。

チャット画面風の会話ログが残るため、結果をいつでも確認できます。

対応OS

iOSAndroid

翻訳機能

音声・テキストなど

⑩U-Dictionary

 

引用元:App store「U-Dictionary」

翻訳を表示する速度が速く、翻訳の読み上げ機能もあります。

辞書機能も搭載されているので、言語学習にも役立つでしょう。

対応OS

iOSAndroid

翻訳機能

テキスト・画像・音声など

3.仕事に便利!翻訳機能付きPDF編集ソフトPDFelement

 

引用元:wondershare PDFエレメント

仕事でPDFを使用する方には、「wondershare PDFelement」がおすすめです。

以下では、このソフトのおすすめポイントを紹介します。

①PDFelementとは

 

PDFの作成・編集・変換・OCR・圧縮・結合などあらゆる仕事ができる、オールインワンのPDF編集ソフトです。

WordやPowerpointと似た使用感で、操作しやすいのも嬉しいポイントでしょう。

注釈やハイライトも追加でき、シンプルなのに多機能。

料金プランも年間・永久ライセンスの2種があり、コスパが良いのが特徴です。

②PDFelement9の翻訳機能

 

翻訳機能のあるPDF編集ソフト、PDFelement9の主な機能は以下の通りです。

  • 翻訳したいテキスト部分をドラッグして選択すると自動で翻訳ができる
  • 1回の選択で1,000文字・毎月最大10万文字の翻訳が可能
  • 英語以外にも多数の言語に対応
  • 一度翻訳した文章はダブルクリックするだけで翻訳内容を確認可能
  • 翻訳部分にマーカーやコメントの記入が可能
  • 翻訳箇所のみ一覧表示もできる

※翻訳機能が実装されているのはPDFelemntのバージョン9からです。

 

まとめ|自分にぴったりの翻訳アプリを見つけて快適な旅行や仕事を

 

引用元 https://pixabay.com/ja/illustrations/%e3%82%b0%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%96-%e4%b8%96%e7%95%8c-%e8%a8%80%e8%aa%9e-%e7%bf%bb%e8%a8%b3-110775/

現在は、さまざまな方法で翻訳できる便利なツールがたくさんあります。

仕事で使用するのでしたら、翻訳とPDF編集がこれひとつで利用可能なオールインワン編集アプリ「PDFelement」などの、効率UPを助けるツールもおすすめです。

気になったものは無料版などを一度試して、目的に合ったお気に入りの翻訳アプリをぜひ見つけてください。